中津川市恵那市で建築家との家づくり
カタログを請求する

カタログを請求する

イベントの予約をする

イベントの予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

カタログを請求する

カタログを請求する

イベントの予約をする

イベントの予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

中津川市周辺で注文住宅を建てるといくらかかる?知っておくと安心!建築コスト相場を徹底調査

家づくりノウハウ
公開日:2024.05.14
最終更新日:2024.06.01
R+house中津川(美濃建設)の家づくり写真
R+house中津川(美濃建設)の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.05.14
最終更新日:2024.06.01

中津川市周辺で注文住宅を建てるといくらかかる?知っておくと安心!建築コスト相場を徹底調査

机に置かれた住宅模型と家計簿をつけている人
注文住宅を建てる計画をしはじめたら、どのくらい費用がかかるのかが気になるところ。マイホームの予算を考えるうえでも、建築コストの相場を知っておくに越したことはないでしょう。
そこで今回は、住宅金融支援機構による「2022年度フラット35利用者調査」の結果を基に、岐阜県中津川市・恵那市周辺で注文住宅を建てる場合の建築コストの相場を探っていきます。建築費の削減ポイントや中津川市・恵那市で外せない住宅性能もまとめました。家づくりのヒントにお役立てください。

目 次

岐阜県中津川市・恵那市に注文住宅を建てるといくらかかる?

図面上の計算機とお金と住宅模型
まず、岐阜県で注文住宅を建てる場合の建築コストの相場を紹介します。フラット35を利用して土地付き注文住宅を購入した方のデータから、読み解いていきましょう。

建築費の相場【岐阜県版】

岐阜県における注文住宅の建築費相場を紹介します。住宅面積あたりの坪単価もまとめました。岐阜県が属している東海圏や全国の平均と比較してみましょう。


エリア



岐阜県



東海圏



全国



建築費の平均



3,283.1万円



3,394.4万円



3,194.6万円



住宅面積の平均



約34.4坪

(113.8㎡)



約35.1坪

(116.0㎡)



約33.7坪

(111.5㎡)



坪単価



約95万円



約96万円



約94万円


岐阜県を含む東海圏では、全国平均より建築費や坪単価が若干上回っていますが、大きな差はありません。

参考元:住宅金融支援機構「2022年度集計表」

土地取得費の相場【岐阜県版】

続いて、岐阜県の土地取得費相場と坪単価を東海圏・全国と比べてみましょう。


エリア



岐阜県



東海圏



全国



土地取得費の平均



869.3万円



1,299.5万円



1,499.5万円



敷地面積の平均



約91.0坪

(301.0㎡)



約76.5坪

(253.0㎡)



約71.7坪

(237.0㎡)



坪単価



約9万円



約16万円



約20万円


岐阜県は、他の東海圏や全国の都道府県の中でも比較的土地価格は安い傾向にあります。坪単価で換算すると、全国平均との差額は10万円以上。つまり、岐阜県は土地を購入するハードルが低く、理想的なマイホームを手に入れやすいエリアといえるでしょう。

参考元:住宅金融支援機構「2022年度集計表」

>>参考コラム:岐阜県中津川市の土地価格・相場は? 今後の価格推移も予想!注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

注文住宅取得時にかかる諸経費の相場

注文住宅を購入する場合、土地代や建築の費用以外にも諸経費がかかります。具体的にどのような経費が発生するのか、見てみましょう。

【諸経費の例】
・不動産の仲介手数料
・不動産取得税
・登記費用
・土地の地盤調査費
・火災保険料
・インフラ引き込み費用  など     

諸経費の相場は、土地と建物にかかった金額の10~12%。つまり、土地建物の総額が5,000万円の場合、諸経費だけで500~600万円かかる計算になります。決して安い金額ではないため、注文住宅の予算を建てる際は諸経費も加味してください。

岐阜県で注文住宅を建てる場合のトータル費用

ここまで紹介してきた金額を合算してみましょう。はじめに、岐阜県における注文住宅の建築費と土地取得費を求めます。


建築費



土地取得費



土地建物代



3,283.1万円



869.3万円



4,152.4万円


続いて、土地建物代に諸経費を加算します。諸経費は土地建物代の10%かかると想定しました。


土地建物代



諸経費



建築総額



4,152.4万円



415.2万円



4,567.6万円


岐阜県の平均金額でシミュレーションすると、土地を購入して注文住宅を建てる場合にかかる費用は4,567.6万円です。なお、算出した金額はあくまで参考程度にお考えください。実際の金額は試算より前後する可能性があります。

注文住宅の予算決めは世帯年収を考慮しよう

世帯収入と書かれたブロックとコイン
マイホームを建てるうえで、予算決めは欠かせません。建築相場を把握することも大切ですが、現実的に支払える予算に収めるためには、世帯年収との兼ね合いが重要です。
一般的に、注文住宅の建築費は世帯年収の6~8倍が目安といわれています。例えば、世帯年収が600万円の場合、3,600~4,800万円が予算の目安と考えましょう。「2022年度 フラット35利用者調査」の結果によると、土地付き注文住宅を購入した世帯の年収倍率(所要金額÷世帯年収)は、全国平均で7.7倍でした。

参考元:住宅金融支援機構「2022年度 フラット35利用者調査」

岐阜県の平均世帯年収

ここからは、岐阜県の情報を掘り下げていきます。フラット35を利用して岐阜県に土地付き注文住宅を購入した方の平均世帯年収は、約583万円。年収倍率は7.7倍で、全国平均と変わりません。
住まい探しのサイトで平均世帯年収を調べてみると、中津川市は529万円、恵那市は493万円と紹介されています。

参考元:住宅金融支援機構「2022年度集計表」

岐阜県の住宅ローン返済額相場

注文住宅を建てる際、ほとんどの方が住宅ローンを組んで購入するでしょう。そのため、年収倍率だけでなく、毎月の返済額に無理がないかを検討するのも必要です。
「2022年度 フラット35利用者調査」の結果では、岐阜県の場合、機構買取・付保金で資金調達している平均額は、3,584.2万円。1ヶ月当たりの予定返済額は、およそ11.6万円となっています。マイホーム購入のために住宅ローンでいくら融資してもらうか、毎月の返済が家計に圧迫しないかもよく検討してみてください。

参考元:住宅金融支援機構「2022年度集計表」

>>参考コラム:岐阜県中津川市の住宅ローン・金利まとめ!注文住宅を建てる時に欠かせないローン選びのポイント

3,000万円で建てられる注文住宅のイメージ

芝の庭が見渡せる、グレーと木目のLDK
岐阜県における注文住宅の建築費は、平均3,283.1万円とお伝えしました。では、建築費が3,000万円程度と仮定すると、どのような住宅が完成するかイメージしてみましょう。
建築費がおよそ3,000万円の場合、凝ったデザインにしたり、あらゆる設備をハイグレードにしたりといったリクエストは現実的ではありません。とはいえ、シンプルなデザインかつ木造であれば、広々とした4LDKが叶うでしょう。住宅性能の確保やオプションの追加もある程度可能です。

建築費削減つながる見直しポイント

予算内で希望を実現させるには、無駄になっている部分がないか見直すことが大切です。以下のポイントに着目し、優先順位をつけて譲れるものから見直してみてください。

・住宅のデザインや間取りをシンプルにできないか
・延床面積や部屋数を減らせないか
・水回りを近くにまとめられないか
・不要なオプションを追加していないか
・設備を自分で手配できないか

美濃建設では、建築部材をメーカーに直接発注することで人件費や運搬費の削減を図っています。さらに、部材の加工に余分な費用がかからないよう、規格品を無駄なく使用。高品質ながら手に届きやすい価格を提案しています。

岐阜県中津川市・恵那市で外せない住宅性能

断熱窓のある家の夏と冬のイメージ素材
建築費のコストダウンに囚われすぎて、必要な性能まで落としてしまうのは望ましくありません。中津川市周辺は年間の寒暖差が大きいため、住宅の断熱性と気密性を確保しておくのがおすすめです。中津川市の観測地点では、2018年1月の日最低気温が-1.5℃であった一方、同年の7月には39.2℃を記録しています。
住宅の断熱性と気密性を高めておくと、外気温に影響されにくく、空調で整えた室温をキープできます。屋外が極寒でも猛暑でも、室内では年間通して快適に過ごせるでしょう。
美濃建設は、高断熱高気密の家づくりに力を入れており「夏は涼しく、冬は暖かい」住宅の実現が可能です。

参考元:国土交通省 気象庁「観測史上1~10位の値(年間を通じての値)」

岐阜県中津川市・恵那市で注文住宅を建てる際は美濃建設へ

夜ライトで照らされた美しい外観
岐阜県中津川市・恵那市周辺で注文住宅を建てる場合、総建築費の相場は4,567.6万円でした。世帯年収や住宅ローンの返済額を考慮しながら予算を立て、快適なマイホームを手に入れましょう。
美濃建設では、建築家とタッグを組み、暮らしのデザイン・見た目のデザイン・パッシブデザインの強化を図っています。暮らしやすくおしゃれなことはもちろん、地域の特性にマッチする設計で省エネ性も確保しています。中津川市・恵那市でマイホーム計画を立てている方は、是非美濃建設にお声がけください。

#岐阜県中津川市#注文住宅 #新築 #R+house #住宅ローン #土地相場 #坪単価 #建築相場 #住宅諸経費 #性能

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

建築家写真一覧

建築家デザイン

”デザイン性”と”機能性”を高水準で両立する理想の住宅。そんないつか住んでみたいと思うような住宅を、手の届く価格で提供するのがR+houseです。
R+house中津川のお家づくりに欠かせないのが建築家の存在です。建築家はお客様の暮らし方や好み、土地の特徴を読み取りご家族にピッタリのプランニングを提案いたします。ご家族の暮らしにフィットした世界に一つだけの家づくりが実現できます。
アフターサポート

暮らしを守る保証とアフターサポート

美濃建設(株)R+house中津川は、充実のロングサポートで、ご家族の暮らしを末永く守ります。
建築中のお客様に安心しておうちづくりを進めていただけるように「完成保証サービス」を、また、お引き渡し後も快適に長く暮らし続けてもらうための「アフターサポート」を準備、定期的なメンテナンスなどで今の家を末長く心地よい空間にしてほしい、そのお手伝いをします。
LDK

高断熱住宅

断熱はどうして必要なのでしょう?健康で快適に過ごすため。快適な生活とは「夏は涼しく、冬は暖かい」一年中を通して室温環境が適温にたもたれていること。外の暑さ・寒さの影響を部屋の中に与えない「高断熱性」を確保することが大切です。高断熱の家は光熱費を抑えることもできるため省エネな暮らしを実現できます。冬は寒さが厳しく、1月~2月は氷点下が続くこともあり 降雪量はそれ程多くないが、その分底冷えする。 夏は昼夜の寒暖差が大きい内陸型と呼ばれる気候の中津川市、恵那市で快適な家づくりを提供しています。

商品ラインナップ
私たちの商品ラインナップをご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house中津川(美濃建設)の家づくり写真
Instagram

R+house中津川(美濃建設)の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

R+house中津川
住所
岐阜県中津川市中一色町2-20
営業時間
08:00~17:00
休業日
日・祝・第二、四土(休業日は予約制で営業)